WordPressって何?

WEBサイトの作り方には、大きくわけて2つの方法があります。

1つ目は、「HTML」という「言語」を利用する方法です。
2つ目は、「WordPress」などに代表される「ツール(このような作成ツールをCMSと呼びます)」を利用する方法です。

UNIBESTでは「WordPress」を利用して、WEBサイトを制作いたします。

以下では、これら2つの違いをざっくりとお伝えします。

目次

HTMLとWordPressによる作り方の違い

HTMLでの作り方

HTMLは、WEBサイトを表示させるためのプログラミング言語です。
このHTMLでコードを書いていくことで、WEBサイトを構築します。
アルファベットや数字の並んだ画面とにらめっこしながら作っていくイメージを持ってもらえればと思います。

WEBサイトを家に例えると、HTMLは「完全オーダーメイドの家づくり」です。

デザインや間取り、設備にこだわりを出せますが、設計から資材選びまでありとあらゆることを自分で行うことになります。
そのため、HTMLでWEBサイトを作る場合には、専門的な知識が必要です。

WordPressでの作り方

WordPressは、WEBサイトをスムーズに作るためのツールです。
MicrosoftのWordのように、直感的な操作で作っていくことが可能です。

HTMLがオーダーメイドの家づくりだとすると、WordPressは「規格住宅」というイメージです。

デザインや間取り、設備などが規格化されており、完全に自由な家づくりはできません。(ただし、費用をかければHTMLに近い自由度で制作することも可能です)
一方で、専門的な知識はHTMLほど必要はありません。

HTMLを使ったWEBサイト制作のイメージ。
見るからに「プログラミング」という画面です。
WordPressを使ったWEBサイト制作のイメージ。
実際に表示される画面に近く、直感的な操作ができます。

HTMLとWordPressのメリット・デメリット

「完全オーダーメイド」「規格住宅」かという違いから、両者には以下のようなメリット・デメリットがあげられます。

HTMLWordPress
サイトの見た目や中身一から組み立てていくので、柔軟性のある自由度の高いWEBサイトが作れる。
パッケージ化されているのでHTMLよりも自由度は劣る。
また使うパッケージによっては、できることやできないことが違ってくる。
運用・管理専門的な知識が必要。
専用の言語を使ってコードを書き、サーバにアップロードするといった作業が必要。
専門的な知識はほとんど必要ない。
ほとんどの管理・運用はWEBブラウザ上から直感的にできる。
費用感サイトの内容にもよるが、WordPressより高くなりがち。サイトの内容にもよるが、HTMLよりは安価。

UNIBESTがWordPressでWEBサイトを制作する理由

運用・管理が簡単だから

WEBサイトは作って終わりではありません。
たくさんの人に見てもらい、会社・事務所の認知度をあげ、売上増・受託増に繋げることが最終目標です。
そのためには、ニュースやイベント情報など、日々の情報発信・更新が欠かせません。

上記のとおり、WordPressでの更新作業は特別な知識を必要としないので、サイト運用・管理が簡単です。
このように、WEBサイトの運用・管理まで見据えるとHTMLよりもWordPressが有利であるといえます。

低コストでもしっかりとしたWEBサイトを作ることができるから

WordPressはHTMLに比べると自由度が劣ることは否めません。
とはいえ、WordPressでもしっかりとしたWEBサイトを作ることはできますし、よほどオリジナリティのあるWEBサイトを作るのでもない限りはWordPressでも全く問題はないというのがUNIBESTの考えです。

実際に、世界中のWEBサイトの約43%はWordPressを使って作られています(2022年1月現在のデータ)

また、コスト面でWordPressとHTMLを比較した場合、HTMLのほうが割高(サイトの構成にもよります)といえるため、あえてHTMLにこだわる必要性は高くない、と考えます。

こういった理由から、UNIBESTではWordPressを利用してWEBサイトを作成しております。

こちらもあわせてご覧ください。

目次
閉じる